各都道府県
サイト
JFマリンネット
バンク

JFマリンバンク相談所

JFマリンバンクはお客さまの声を受け止めます

組合員など利用者の皆さまは、信漁連・漁協などJFマリンバンクの大切なお客さまです。JFマリンバンクでは、お客さまにご満足いただけるよう、日頃より心がけております。
ご利用に際してご不満などを感じられた場合には、信漁連・漁協などのお取引窓口、あるいは、各都道府県の「JFマリンバンク相談所」まで、お気軽にお申出下さい。JFマリンバンクは、より一層の「安心」と「信頼」をお届けするために、お客さまの声を誠実に受け止めます。

JFマリンバンク相談所のご案内

「JFマリンバンク相談所」は、公正性・中立性の確保を念頭に各都道府県信漁連等および全国漁業協同組合連合会に設置され、必要に応じ農林中央金庫とも連携をとりながら、お客さまから寄せられる苦情などの解決に取り組んでいます。

「JFマリンバンク相談所」は、お客さまから苦情などのお申出があった場合には、これを誠実に受付け、お客さまのご了解を得たうえで、当該信漁連・漁協などに対してお申出のあった苦情などの迅速な解決を求めます。

なお、お客さまのご了解が得られなかった場合には、「JFマリンバンク相談所」は当事者でないことから、ご要望に応じた十分な回答などができないことがあり得る旨をお伝えしたうえで、誠意をもって可能な限りの対応を行うこととします。また、苦情のお申出が受付対象事項でない場合でも、可能な範囲で適切な窓口をご紹介するなど、誠意をもって対応いたします。

「JFマリンバンク相談所」では、苦情などの受付・対応にあたっては、常に公正不偏な態度で臨み、お客さまの正当な権利を損なうことがないよう心がけております。

信漁連・漁協などの信用事業に関するお取引でお困りの場合などは、ご遠慮なく「JFマリンバンク」相談所へお申出ください。

「JFマリンバンク相談所」の受付対象事項

お客さまの苦情などの内容が、以下の事項のいずれかに該当する場合は、「JFマリンバンク相談所」ではお受けすることができないことがあります。この場合には、お客さまにその旨をご説明いたしますのでご了承ください。

  1. 苦情・紛争の範囲外の場合
  2. 訴訟係争中または訴訟終了後の場合(民事調停などを含む)
  3. 弁護士のあっせん・仲裁手続きが終了または手続き中のものである場合
  4. 苦情などの内容が、信漁連・漁協の経営方針あるいは組合などの役職員個人に関わる事項の場合
  5. 明らかに不当な目的で、またはみだりに苦情などの申出をしたと認められる場合
  6. 苦情などの原因である取引日から長時間経過している場合
  7. 一事案について、再度、苦情などの解決支援の申出がなされている場合

JFマリンバンク相談所の構成と苦情などの受付・対応の流れ

  • STEP 1

    「JFマリンバンク相談所」に申出、受付け後、お取引の信漁連・漁協などと事実確認、話し合い

  • STEP 2

    信漁連・漁協との話し合いで解決できない場合、「JFマリンバンク相談所」に東京三弁護士会が運営する「仲裁センター」の利用を申出。
    また、「JFマリンバンク相談所」を経由せず、仲裁センターに直接申立することもできる。

  • STEP 3

    申出は、東京三弁護士会が運営する「仲裁センター」であっせん、仲裁に

JFマリンバンク相談所の構成と苦情などの受付・対応の流れ

STEP1 事実確認話し合い STEP2 「仲裁センター」の利用申出 STEP3 (弁護士会)あっせん・仲裁センター STEP1 事実確認話し合い STEP2 「仲裁センター」の利用申出 STEP3 (弁護士会)あっせん・仲裁センター

お問い合わせやお申込みは、
お近くのJFマリンバンクまで

下記のページより「お住まい」または「勤務地」の店舗をお探しいただきお問い合わせください。

今すぐ最寄りのJFマリンバンクを探す

よくあるご質問